FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

虎の巻:ゴルフ5カントリー美唄コース

 2018-07-18
中コース
①[367y Par4]
ティーグランドからグリーンが見える直線コース。
フェアウェイバンカー越えで中央狙いですが、右は樹木とコブがあるので避けたいところ。
グリーンが1段高くなっているため、キャリーでの2オンが必須です。

②[478y Par5]
左バンカーと吹流しの間がねらい目。2nd地点からグリーンまで右側は池で、難易度が高くなっています。左からの風に注意。
ロングヒッターは2オンも狙っていけますが、池をショートカットするので勇気が試されます。

③[136y Par3]
グリーンセンターに小山(段差)がある為、乗せどころを誤ると3パットの危険性が・・・。
風が右から吹くことが多く、場合によっては池に向かって打たなければならない、スリリングなホールです。

④[393y Par4]
フェアウェイ手前右のバンカー上がねらい目。右側は樹木が多い。
グリーン奥は下っているので、手前から攻める。

⑤[464y Par5]
ティーショットは豪快に! グリーン手前の林と、3個のアゴの高いバンカーを避け、右から攻める。
グリーン上は傾斜がきつく、右手前のコブには要注意です。

⑥[350y Par4]
左からの風が多く、右OBになりやすいコース。
距離を落としてでも、確実にフェアウェイをキープしたい。左のラフに入っても、木の真後ろにつくことが多いので要注意です。

⑦[311y Par4]
正面に見える松の木がねらい目。池には入れたくないが、右のバンカーに入れても2ndショットが難しい。
距離が短いため、正確なショットでフェアウェイキープを心掛けたい。

⑧[157y Par3]
ピンが右手前の場合は難易度はさほど高くないですが、左奥の場合は池が視界に入るので、難易度がアップします。
広大なポテトッチップグリーンなので、ピンまでの距離を正確に。

⑨[390y Par4]
ティーグランドからグリーンまで左に池が続き、距離が長くアゲンストが多いため、飛距離と正確性の双方が必要。
3オン狙いの場合は、右手前の巨大なバンカーに入れないように刻もう。
グリーンは右にコブがある為、センター狙い。


東コース
①[352y Par4]
正面に見えるバンカーから、左にドッグレック。飛距離のある人は、ラフでも良いので、 吹流しより左を狙うと2ndショットが狙いやすい。

②[458y Par5]
奥に見える赤い屋根がねらい目。2ndから池が絡むため、正確性が要求されるホールです。
グリーンは池に向かって傾斜しており、右から攻めるのがポイント。

③[357y Par4]
左ドッグレックのホール。ボギーで良しとするなら、赤青の家狙い。
大胆にショートカットを狙うなら、バンカーの左を思い切って!

④[299y Par4]
ティーショットは、左右のバンカーの間を狙う。
グリーン面が見えず、奥も池のため、正確な2ndショットが求められます。

⑤[433y Par5]
ティーショットは豪快に! グリーン手前の林と、3個のアゴの高いバンカーを避け、右から攻める。
グリーン上は傾斜がきつく、右手前のコブには要注意です。

⑥[162y Par3]
アゲンストになることが多いので、クラブ選択を間違えないように。右のバンカーに捕まると、グリーンが下り傾斜のため、寄せづらい。

⑦[355y Par4]
L字に曲がる左ドッグレック。美唄コース、第2の名物ホールです。
池に入れない事を第一に考え、右から攻めるのが安全。

⑧[117y Par3]
ピート&ペリー・ダイ設計の象徴的なアイランドグリーンの名物パー3。ピンがどこに切ってあっても、右から攻めるのがベター。

⑨[333y Par4]
ティショットは、目の前のバンカーに入れるとグリーンが狙えないため、距離は長くなるが左から攻める。
グリーンの傾斜はさほどきつくないので、手前から寄せワンを狙う。


※ヤード標示は グリーンエッジまで!

関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kfgolf.blog39.fc2.com/tb.php/1234-56568859

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。