2017/6/22 新札幌台ゴルフ倶楽部

 2017-06-22
およそ6年ぶりの新札幌台GC。
DSC_0089.jpg

起きた頃にはどしゃ降りだったが、コースに着いた頃にはほぼ止んでいた。
しめしめと思っていたら、スタートして間もなく、また雨が降りだし、
その後も降ったり止んだり。
結局、降ってる時間のほうが長かったかな。

①[492y Par5]
DSC_0090.jpg
TSはFW→3W、どダフり。150y前進→5鉄でGオン→2パット、パー

②[148y Par3]
DSC_0091.jpg
7鉄でGオン→2パット、パー

③[322y Par4]
DSC_0092.jpg
TSはFW→8鉄、Gオーバー→58°で乗せて→2パット、ボギー
#2nd:アップヒル、110y、ピン奥。ピッタリだと思ったが、10y以上もオーバー。

④[430y Par4]
TSは右ラフ→PWでFWに出し→PW、届かず。花道まで→58°で乗せて→2パット、ダボ(>_<)
#TS:狙いよりも右に出て、
#2nd:右ドッグレッグホールの右側からじゃ、樹々がジャマでグリーンが狙えず。
#3rd:ピッタリだと思ったが、全然届かず。

#ドッグレッグホールのティショットは、コーナーの外側に打つべし!

⑤[453y Par4]
DSC_0093.jpg
TSはFW→3Wで花道まで→58°で乗せて→2パット、ボギー

⑥[155y Par3]
6鉄でGオン→2パット、パー
#TS:トップしたのだが、結果オーライ

⑦[285y Par4]
DSC_0094.jpg
TSは右ラフ→52°でGオン→1パット、バーディ!\(^o^)/

⑧[415y Par4]
DSC_0095.jpg
TSは右ラフ→5鉄、50y先の枝を直撃。ポトリと落ちる→PW、届かず→58°で乗せて→1パット、ボギー
#TS:右ドッグの右側へ
#2nd:目前の樹がジャマ。スライスで避けようとしたが直撃。ちょい先の別の樹の根元へ
#3rd:樹の根元の深いラフから。上手く打てたのだが…
#ダボ以上になりそうな流れだったが、6mのパットがマグレでカップイン。

#ドッグレッグホールのティショットは、コーナーの外側に打つべし!

⑨[496y Par5]
DSC_0096.jpg
TSはFW→3W→52°で奥カラー→58°で乗せて→2パット、ボギー


⑩[488y Par5]
DSC_0097.jpg
TSは右ラフ→3W→52°でGオン→2パット、パー

⑪[140y Par3]
6鉄でGオン→2パット、パー

⑫[376y Par4]
TSは右ラフ→5鉄届かず→58°で乗せて→2パット、ボギー

⑬[376y Par4]
DSC_0098.jpg
TSはFW→PWでGオン→2パット、パー

⑭[385y Par4]
TSはFW→UT(23)でG右前ラフ→58°で乗せて→2パット、ボギー

⑮[338y Par4]
TSはFW→PWでG右ラフ→58°で寄せて→1パット、パー

⑯[357y Par4]
TSは右Br→5鉄、届かず→58°、トップ。G奥ラフ→58°で乗せて→1パット、ボギー
#ダボになりそうな流れだったが、またもやパットで救われる

⑰[164y Par3]
DSC_0099.jpg
UT(23)でGオン→3パット、ボギー

⑱[496y Par5]
DSC_0100.jpg
TSはFW→3W→52°でGオン→2パット、パー

41-40で、81(33パット)



#昨日の練習での「方向性に関する気づき」の効果は、イマイチ。
#右プッシュで再三ピンチを招く。

#しかし考えてみると、ヒッカケやどフックがなかったので、
#一定の効果があったのかもしれない。

#良い手応えでもグリーンを外すケース
#乗ったと思ったものが乗ってないのは、ちょっと納得いかないなぁ
#高低差に惑わされている。あるいは風の影響もあったかな?

#一部、ラフが深いところがあり、球探しに苦労した。
#こういうコースではフェアウェイキープが重要。
#そして、見えないところへ打っていくのは覚悟が必要(アップヒルなど)。



スポンサーサイト
タグ :

11/08/30 新札幌台ゴルフ倶楽部

 2011-08-30


今日は午後から岩見沢市に遠征。



1番パー5
3オン1パットのバーディ! 他に2人もバーディ! 4人のうち3人がバーディというミラクルな出だし。

パー、ボギーときて、4番長いパー4
3打目のアプローチが大きくGオーバーで4オン2パットのダボ。

5番もさらに長いパー4
ティショットが右OBで4オン2パットのダボにしてしまう。

ボギー、バーディ、パーときて、9番パー5
ティショットが右の崖下へ→2打目はチョロで3打目でやっとコースに戻れた→左ラフからの4打目はまたもやG右の崖下へ→深いラフから1発で脱出できずチョロチョロしながらグリーンに乗ったのは7打目→2パットで「+4」。撃沈。

前半は2バーディがあっても44(15パット)。やばい。


しかし、後半は別人のように猛ラッシュ。
10番から16番までパー・バーディ・パー・パー・パー・パー・パー。
しかも全て1パット。
つまり、11番以外はパーオンできていないってところが微妙だが。
タダで貰ったキャロウェイのウェッジが冴えまくり、神がかったように寄っていくのだ。

17番パー3 
ピンから遠い方の端に乗ってしまい、バーディ狙ったが不発。でも2パットでパー。

18番パー5
ティショットが右の1ペナに行ったと思われ、その横から3打目→つないで何とか4オン→3mのパーパットは惜しくも外れてボギーでフィニッシュ。

後半は36(11パット)。よくがんばりました。


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫